早稲田大学アカデミックソリューション

商品・サービスサイト

ブログblog

ブログ

プロジェクト管理、主に進捗管理、課題管理に利用するツールについて

2019/09/30

IT推進部の佐藤です。みなさん、プロジェクトの進捗や課題はどのように管理していますか?進捗は、何らかのWBS(=Work Breakdown Structure)で可視化して管理し、それぞれのタスクに係る課題は、課題管理表などを作成して管理しているのではないでしょうか?そして、それらの資料を行ったり来たり。そこで、本日は、そもそもプロジェクト管理、主に進捗管理、課題管理で何が重要かについて、考えてみたいと思います。

 

◆WBSと課題管理表をぐるぐる、ぐるぐる、行ったり来たり、、、

IT推進部の佐藤です。
みなさん、プロジェクトの進捗や課題はどのように管理していますか?
進捗は、何らかのWBS(=Work Breakdown Structure)で可視化して管理し、

それぞれのタスクに係る課題は、課題管理表などを作成して管理しているのではないでしょうか?

では、

「進捗管理」で重要なのは、何でしょうか。

可視化されていて、細かくも粗くも、進んでいるのか?遅れているのか?が一目瞭然であり、

進める上でのクリティカルパスは何か?マイルストーンは?が明確に分かることですよね?

そして、

それぞれのタスクにおける「課題管理」で重要なのは、

誰がボールを持っていて、どれだけ解決出来ているのか?解決の期限は?

解決せず長引いた場合に影響するタスクは?(クリティカルパスは?)

が明瞭に見て取れることですよね?

 

しかしながら、現実は、というと、

WBSと課題管理表をぐるぐる、ぐるぐる、行ったり来たり、、、


会議イメージ

◆プロジェクト管理手法は、分野を問わず、ほぼ同じ。

仕事柄、たくさんのプロジェクトに参加していますが、それぞれのプロジェクトでの進捗状況や課題管理状況はさまざま。利用しているツールも異なります。

一方で、プロジェクト管理の手法は大なり小なり、似通ったところがあるのではないでしょうか。大雑把に言ってしまえば基本的には「同じ」です。
それは、システム開発や導入に限った話ではなくて、ITとは無関係な分野のさまざまな「プロジェクト」でも概ね「同じ」なのではないでしょうか?

つまり、プロジェクトの開始までのプロセスや内容は異なれど、プロジェクト開始後の管理手法は、ほぼ「同じ」なのではないかと思う今日この頃です。

 

打合せ(イメージ)

◆重要なのは、首尾一貫して、皆が必ず利用すること!

大変大雑把で乱暴な言い方かもしれませんが、’管理手法’が同じなら、’利用するツール’はある程度、何でも良いように思う次第です。

無論、進捗が可視化できるとか、課題一覧を整理できるとか、必要不可欠な機能要件はありますが、

昨今のツールは、OSSツールでもSaaSでも、それらの基本的な機能は備わっていますよね。

 

では、ツールの選定以上に「重要なのは何か。」

 

プロジェクトの期間中、関係者が皆、首尾一貫してツールを利用し、情報をそこに集約すること。集約し続けることです!!

それが、なぜ、そんなに重要なのか?については、またこの次の機会に熱く語らせていただきたいと思います。

お楽しみに。

 


ミーティング(イメージ)

その他教育関連事業

お問い合わせ CONTACT

商品についてや弊社についてなど、こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。

お問い合わせ

お見積り、サービス内容のご説明:0120-940-490