ブログblog

ブログ

アメリカのカレッジスポーツを視察してきました!!

2018/05/16

平成29年度にスポーツ庁が大学スポーツ・アドミニストレーターの配置等の大学におけるスポーツ活動を支援する「大学横断的かつ競技横断的統括組織(日本版  NCAA*)創設事業」で8大学を選定するなど、日本版NCAA創設に向けての動きが活発になってきています。平成30年度も同事業の公募がされています。当社内でも大学スポーツの現状と課題を認識して、大学の関連会社として、日本の大学スポーツの振興に貢献できることがあるのではないかということで色々とリサーチしてきました。

社会連携企画部の伊東です。
今回、フロリダ大学のカレッジスポーツを訪問し、視察する機会がありました。
たくさんのお話をお聞きしましたが、実際に話をお聞きし、事前インプットの通りだったり、
想像していたことと違ったことがあったり、非常に有益な視察でした。
何より、アメリカの大学スポーツも学業とスポーツを両立させることを第1の目的としているということを
理解できたのが非常に有意義でした(続く…)。

フロリダ大学キャンパス内にあるアメリカンフットボール公式試合専用の8万人収容できるスタジアム

バスケットボール会場も満員!!会場一体となってFLORIDA GATORSを応援!!

 

*NCAA:National Collegiate Athletic Association の略;アメリカ大学体育協会のこと。
協会が主催するスポーツのリーグ戦などのことを指すこともある。協会自体は主に、
大学のスポーツクラブ間の連絡調整、管理など、さまざまな運営支援などを行う。
本部はインディアナ州インディアナポリスに設置されており、協会が運営する競技会の種目は、
アメリカンフットボール、バスケットボール、野球、アイスホッケー、テニス、ゴルフ、陸上競技、
アマチュアレスリングなど多彩。
大学体育協会としては世界でも最大規模で、一部の競技ではリーグ戦がテレビ中継されるなど人気が高い。

一覧へ