導入事例case

お知らせ

edX講座「にほんご」講義動画制作および運用支援

2017/07/19
 

早稲田大学は2015年9月より、MOOCs(Massive Open Online Courses-大規模公開オンライン講座)の世界的プラットフォームであるedX(https://www.edx.org/)に参加しています。

オープンソース教育プラットフォーム「edX」にて早稲田大学の講座を開講するにあたり、コースアウトラインの設計から講義動画制作、LMS(StudioX)の設定、講座運用までを行いました。

第二弾は早稲田大学日本語教育研究科の戸田貴子教授による「にほんご」講座。昨年より制作に取り組んできた無料授業の第二弾として世界中の日本語学習者ならびに、日本語教育関係者に向けた、「日本語の発音」に関する講座を配信し、グローバルMoocsにおける世界初の日本語講座で、登録者が述べ1万5千人を超え、大きな反響を呼びました。

運用について、MOOKの全体開発プロセスを開始から実施まで管理し、早稲田大学の教員と連携して質の高いコースを提供しております。
ビデオディレクターやプロデューサー、英語ネイティブスタッフを含む経験豊富なオンライン教育開発チームが、英語コンテンツのチェック、ビデオ講義に関するアドバイスインストラクショナルなデザインのアドバイス等を提供してオンラインコンテンツの開発プロセスを通じて、世界中の視聴者に質の高いコースを提供いたします。

■実施期間

2016年1月~

■お客様の声

コース設計、収録、プラットフォーム設定、運用などトータルに支援してもらい、おかげで当初の目標を大幅に上回る受講者を獲得することができました。1コース目のノウハウを活かしつつ、オプション動画の拡充や多言語対応など新たな取り組みに対しても柔軟に対応いただいたことで充実したコンテンツになりました。

■担当部署

情報事業本部 システム開発部 コンテンツ企画チーム

お問い合わせ お問い合わせ
一覧へ