早稲田大学アカデミックソリューション

商品・サービスサイト

ブログblog

ブログ

大学×外部機関の研究を資金獲得からまるごとサポート!

2014/10/17

大学で行われている研究の支援サービスについて、本日はご説明いたします。
担当やまだ(※前回登場のやまだとは別人です) とWeb担当さとうがお送りします。

研究支援
http://www.w-as.jp/research-support/

必要な支援をチョイスできる「カフェテリア方式」でサポートします

研究支援・外部資金獲得支援とはどんなサービスなんですか?

大学の研究者が外部機関と連携して研究を展開するときに、いろいろな調整が必要になります。
たとえば企業や官公庁と連携するための調整もありますし、研究を開始してからも会議や打合せ、シンポジウムなどのイベントなど研究活動の周辺にはいろいろと取り組むべきことがあるのです。
研究支援・外部資金獲得支援はそのような諸業務について、なるべく先生方が研究に専念できるようにより効果的効率的な研究実現を支援するものです。

サポート対象は、外部機関と連携した研究だけということですか?

連携にもいろいろありますが、外部の機関と一緒に研究をするというものだけでなく、外部から研究資金を獲得して研究を行うものも「連携」のうちに入ります。なので、大学の研究者が取り組む研究の多くが外部機関と連携した研究といえます。
もちろん、大学の内部の資金だけで研究をされている研究者もいらっしゃいますが。

なるほど、実際には大部分の研究が外部機関との連携によって行われていると言えるのですね。それで「研究支援」と「外部資金獲得支援」がセットになっているんですね。これまでどんな実績があるのでしょうか?

これまで弊社で手掛けてきたのは、早稲田大学で行われている研究がほとんどですね。研究者から直接支援依頼がある場合が多いですが、最近は大学でも外部資金獲得を進めたいということから、「研究推進部」などの研究活動を促進する部署からも依頼が来ます。研究資金獲得支援は研究者向けのサービスではありますが、大学の政策として「研究資金を先生方に取ってほしい」というニーズがあるわけです。
それに応えるために、4年ほど前から申請支援ポイントによる「カフェテリア方式」というのを提案して大学に導入されています。

福利厚生サービスで聞いたことがありますね、「カフェテリア方式」。いろんなメニューがあらかじめ用意されていて、そこからチョイスできるという。

「申請支援メニュー」を作ってその各項目に業務量に応じたポイントを設定したもので、大学が研究者に付与したポイント数の範囲で、当社から必要な支援を受けることができるものです。そうやって大学の政策的重要性と予算に合わせて、必要な研究者を支援することができる仕組みです。
既に早稲田大学では広く展開していますが、ほかの研究機関のニーズにもお応えできると思います。

個々の研究室が独自に交渉しなくても、大学でこのカフェテリア方式を導入していればスムーズに支援が受けられるというわけですね。
「申請支援メニュー」を作ったとのことですが、そのメニューの項目にはどんなものがあるんですか?

支援メニューの項目には、申請までのスケジュール管理や先生方からの問い合わせ対応、フォーマットへの文章転記、文章の校正、概念図や組織図などの図作成、予算計画作成、研究者情報収集など、研究資金申請に必要なさまざまな支援をそろえています。

資金獲得から会社設立まで(!?)、まるごとご相談ください!

研究を始めるぞ!まずは外部資金獲得!となるとどのような支援をしてもらえるんですか?

研究拠点を作るものやグループ研究のような大型のものが多いですが、研究者や大学からの依頼に基づき、研究者にヒアリングをして、ニーズに合った支援をします。
「研究資金申請メニュー」にて、内容のまとめ方の相談や資金の積算、提出の方法まで、ご要望に合わせて幅広く支援しています。

ニーズに合った支援を行うというのは、過去にどんな事例がありますか?

研究の周辺にある事柄を支援しますので、いろいろ幅広いですよ。
たとえば、「研究成果をもとに会社を立ち上げたいのだが、会社設立はどのように手続きすればよいか」というような話とか、「ヨーロッパで国際学会を開催するので、世界中から招聘する先生方への連絡調整をお願いしたい」など、さまざまな要請が来ますね。
さまざまな専門性を持ったスタッフが協力して対応しています。

会社設立のサポートまで含まれるんですか! スタッフも勉強が大変ですね。
基本的に、研究支援サービスというのは研究者(大学)と外部機関の間を取り持ち、調整し、橋渡しをするサービスと考えていいでしょうか? 資金の申請を行って、無事獲得できたら研究に関わるさまざまなことがらについてサポートする。

まさにそのとおりです。
研究資金の獲得を支援して、獲得できたらそこからさまざまな運営支援を実施する。
そういう一連の支援提供は当社の強みだと考えています。

困ったこと、手が足りないことがあったらとりあえずお話いただけるといいですね。

先生方の研究がどんどん活発になっていくことが我々の望みです。必要な研究資金を導入して、研究の運営から成果活用まで幅広く支援します。さまざまなニーズにお応えできるよう、日々ノウハウを蓄積していますので、なんでもご相談ください。よろしくお願いいたします。

研究推進

お問い合わせ CONTACT

商品についてや弊社についてなど、こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。

お問い合わせ

お見積り、サービス内容のご説明:0120-940-490