「プロジェクトを円滑に進めたいが、通常業務でプロジェクト業務に手が回らない」
「複数の部署、部門の横断的なプロジェクトがスタートする。第三者的視点でマネジメントしてくれる人材がほしい」
「各省庁からの研究委託事業を新しく受けることになった。スタッフを増強して臨みたいが、相応しい人材がいない。」
「研究費や教育プログラム開発のための外部資金を調達したいが、アイディアを具体化するための支援がほしい」
など、研究コーディネートと研究サポート業務を中心に、大学組織が抱える課題を解決するための支援を行います。

事業内容

幅広く研究を支援する事業を行っています。

  • 研究資金管理(公的研究資金管理、民間研究資金管理、契約締結支援)
  • 研究組織運営(組織設立支援、組織運営実務、施設管理、教育支援、業務効率化・標準化、研究支援コンサルティング)
  • 会議運営(委員会運営、説明会運営、一般講座運営)

  • 企画(産学・学学・地域連携プロジェクト企画立案、共同・連携研究のマッチング、研究計画、研究提案書作成支援)
  • 情報配信(研究公募情報、研究関連情報)
  • 研究運営(研究会開催支援、研究運営支援、研究進捗管理、報告書作成支援)
  • 調査・分析(政策動向調査、研究ニーズ調査、研究シーズ調査、産業・企業動向、研究情報分析・評価)

  • 国際連携支援(研究国際化対応、留学生対応)
  • 事業化支援(研究成果事業化支援、ベンチャー企業・運営支援)
  • 研究アウトリーチ支援(シンポジウム企画・運営、科学コミュニケーション支援、研究広報企画・支援、Web運用、研究成果可視化支援、研究成果出版支援、印刷物作成)
  • 研究補完(実証実験支援、研究周辺調査、情報収集・分析、事業性評価、プロジェクト評価)

研究プロジェクトフロー

フェーズごと、どの段階からでも支援サービスを致します。

PHASE 1

●企画立案

文部科学省・経済産業省などの各種事業、委託・共同研究、各種財団の研究助成金など、外部資金獲得のための、応募の企画及び応募書類作成を行います。
研究者、教員等からのヒアリングをもとに、応募要件に即した、より採択の確度の高い応募書類の作成をサポートします。

PHASE 2

●資金計画/プロジェクト化

採択後の契約事務、契約書の作成、委託元との折衝を行います。研究目的、助成目的に沿った契約書作成および研究体制づくりをコーディネートします。

PHASE 3

●研究実施

研究活動をサポートします

  • 経理処理(出張、備品購入、再委託契約、精算報告)
  • 研究・調査出張への同行、事前調査

PHASE 4

●研究内容の広報

アウトリーチ活動をサポートします

  • シンポジウム、研究会の運営支援
  • 報告書作成支援
  • Webサイトの作成、その他広報活動支援

PHASE 5

●研究成果の活用

研究成果を教育コンテンツとして活用します

  • 教育のニーズ調査
  • 遠隔講義や人材養成プログラムの運営
  • 教材の作成支援

PHASE 6

●研究成果による社会貢献、更なる外部資金の獲得

技術移転の支援をします

  • 大学の研究成果(特許等)の技術移転支援
  • ビジネスモデルの提供

PHASE 7

●知的財産の活用

大学の知的財産を活用します

  • 知的財産の企業活動での活動支援