導入事例case

お知らせ

学校法人杏林学園 人事課様 新入職員コミュニケーション研修

2015/05/14

大学職員向けSDプログラムのご案内はこちら

実施内容

学校法人杏林学園に入職したての新入職員のみなさまを対象にして、「Win-Winコミュニケーションの基礎」研修を実施しました。

杏林学園様では、新入職員のみなさまを対象にした研修を数週間にわたり、主に学内において集中的に推進されていらっしゃいますが、本研修は、学外の会場(早稲田にある当社のセミナールーム)を使用し、学外の講師を招聘する、少しタイプの違うプログラムという位置付けです。
新入職員のみなさまには、いつもとは違う環境で、いつもとは違う切り口の研修を受けていただくことで、学内での研修では使わないような思考を活性化させたい、という思いで研修を企画しました。

研修では、
・大学内外の環境の複雑さや多様さが増していく中で、意見の対立を避けるのではなく、オープンマインドで受け入れていくこと大切さ
・対立する問題を抑え込むのではなく、Win-Winでクリエイティブな発想に導いていくためのマインドセット
・オープンマインドとクリエイティブ思考を実現していくためのコミュニケーションスキル
こうした内容を、ワークもふんだんに取り入れながら、受講者にみなさまに学んでいただきました。

多くの受講者から
・「もし厳しい言葉で注意されることや、不安に思えることがあっても、マイナスでとらえるのではなくプラスにとらえるようにしたい」
・「新入職員ということで、今後失敗や、先輩から怒られる機会もたくさんあると思いますが、自分自身のことも相手のことも否定せず、前抜きに頑張りたいと思います」
といったご感想を多くいただきました。
研修が終了して部署に配属された後に新入職員が直面しがちな悩みに過度に振り回されず、ポジティブに昇華していくための素地を作る貴重なきっかけとなったようです。

実施期間

2015年4月 1日間で実施

受講者の声

・ リラックスできる雰囲気でコミュニケーションについて楽しく学ぶことができました。本日はありがとうございました。
・ 人と関わるうえで思いこみがあるということに気づかされました。視点を変えて楽しく人とコミュニケーションを取っていきたいです。
・ 1日で同期がこんなにも仲良くなれると思っていなかった。お互いのことを分かり合えた気がして、本当に充実していました。

大学職員向けSDプログラムのご案内はこちら

お問い合わせ お問い合わせ
一覧へ