早稲田大学アカデミックソリューション

商品・サービスサイト

お知らせINFORMATION

お知らせ

【更新情報9/29】「第3回 大学業務ソリューションセミナーWeek 2020」オンライン開催! 

お知らせ

セミナー・講座情報

2020/09/18

~コロナ新時代を乗り越え、新たな価値を創造するために(学習支援、学生支援、研究推進、国際交流、SDの視点から) ~

例年12月に実施しておりました「大学業務ソリューションセミナー」を10月にオンラインにて開催いたします。

セミナー申込受付及びセミナーテーマ発表の最新情報をホームページ「お知らせ」で更新!

企画・実施主催:株式会社 早稲田大学アカデミックソリューション

企画・実施協力:特定非営利活動法人 JAFSA(国際教育交流協議会)

開催日:2020年10月27日(火)・28日(水)・29日(木)・30日(金) 4日間

開催時間:セミナー1 11:00 ~ 12:30   セミナー2 13:30 ~ 15:00

参加:無料

参加定員:テーマ毎に各会100名(先着順)

参加お申し込み方法:参加申込受付は10月1日開始を予定しています。

※参加申込専用フォームを後日アップいたします。そちらよりお申し込み願います。

参加対象:大学教職員

開催方法:オンラインZoom

※Zoomミーティング利用による参加型実施

※ご参加者様には参加大学間交流会の場を設けていることもあり顔出しでの参加を推奨させていただきます。

【更新情報!】日程別セミナーテーマ:

※1セミナー( 講演会45分・情報交換会45分 90分)

①10月27日(火) セミナー1 11:00~12:30

早稲田大学 大学総合研究センター副所長・人間科学学術院教授 森田裕介先生

 (コロナ禍における授業・学修支援)「オンライン授業への取組み課題と成功事例/仮称」

②10月27日(火) セミナー2  13:30~15:00 

特定非営利活動法人 JAFSA(国際教育交流協議会)事務局長 高田幸詩朗様

コロナ禍における国際交流)「Withコロナ時代の国際教育交流の考え方~JAFSAメンバーはOnly Oneで勝負する~」

概要:『海外協定校を増やすべき?』『地域・特性・人数・予算は合ってますか?』『その協定、ミスマッチが起きていませんか?』『海外フェアの活用方法』など、コロナ後にオンラインとリアルのハイブリッドが想定される教育現場で今本当に準備しなくてはいけないことは何かをJAFSAの目線で鋭く話して頂きます。

③10月28日(水)セミナー1  11:00~12:30  

 立命館大学 学生部 衣笠学生オフィス課長 五坪智彰様

(コロナ禍における学生支援)「立命館大学のピア・サポートとコロナ禍における取組みと今後の展開」

概要:『海外協定校を増やすべき?』『地域・特性・人数・予算は合ってますか?』『その協定、ミスマッチが起きていませんか?』『海外フェアの活用方法』など、コロナ後にオンラインとリアルのハイブリッドが想定される教育現場で今本当に準備しなくてはいけなことは何かをJAFSAの目線で鋭く話して頂きます。

概要:立命館大学では授業や学修支援、新入生、留学生の支援など、約40団体・約4,000名の学生がピア・サポートに取り組んでおり、その数は学生数の1割を超えています。ご講演においてはビア・サポートの到達点と新型コロナウイルス禍での現状。Withコロナ、Afterコロナでのピア・サポートの課題と展開についてお話しいただきます。

④10月28日(水)セミナー2  13:30~15:00  

 文部科学省 科学技術・学術政策局  企画評価課  課長 横井理夫様

「大学等の教員の研究時間の確保に向けて~ 「大学等のフルタイム換算データに関する調査」の結果から~」

⑤10月29日(木)セミナー1  11:00~12:30  

芝浦工業大学 副学長・システム理工学部教授 井上雅裕先生

「コロナ禍での大学教育の変革と今後の展望」 

⑥10月29日(木)セミナー1  13:30~15:00   

早稲田大学理工学術院教授 大野髙裕先生

(コロナ禍における職員人材育成)「ポストコロナを見据えた大学職員の使命・職務と人材育成」


概要:「大学にとって、今回のコロナ禍は、乗り越えて「元に戻る」ということはあり得ず、大学の教育・研究・社会貢献の中身や方法が抜本的にパラダイムシフトする歴史的な大転換点の意味を持つ。
これをチャンスとするかピンチとするかのカギは大学職員がどのように戦略的な行動を採れるかにある。
大学職員の役割と育成すべき能力を皆さんとともに考える」にてお話しいただきます。

⑦10月30日(金)セミナー1  11:00~12:30   

学習院大学 国際社会科学部  野崎与志子先生

(コロナ禍における国際交流支援)コロナ禍時代のインターナショナル教育と学部生のオンライン海外研修の取り組み」

⑧10月30日(金)セミナー2  13:30~15:00   

関西国際大学 事務局次長兼教務部長 楢崎輝行様

(コロナ禍における学生支援) 「コロナだからこそ、学生の気持ちを尊重」

※開催期間中4日間同時間帯にて実施  セミナーテーマ及び参加者間情報交換会計8テーマ

セミナー時間の内訳(予定):セミナー1及び2共に最大90分で実施

ご講演及び質疑応答(45分)、参加者間情報交換会(45分) 合計90分

※ご登壇者は参加者間情報交換会については、グループ分けされた会の場に少しの時間アドバイザーとして参加

※ブレイクアウト機能を利用した参加者間情報交換会の実施

●ソリューションサービス別相談会(予定)同時開催

参加:無料

参加申込:参加申込専用フォームを後日アップいたします。そちらよりお申し込み願います。

定員:各サービス最大100名(予定)

時間:各ソリューションサービス説明会 45分(質疑応答含め)

   10月27日(火)~30日(金)各グループ計4回実施

   1回目 15:15 ~ 16:00  2回目 16:15 ~ 17:00

参加定員:テーマ毎に各会最大100名(予定)

参加対象:大学教職員

開催方法:オンラインZoom

※Zoomミーティング利用による参加型実施

内容:以下のサービス別相談会を実施

Aグループ: サービス内容(予定)

A-1:オンライン開催運営サポート業務(セミナー・イベント・シンポジウム、国際会議)

A-2:オンライン化職員人材育成研修

A-3:オンライン化国際交流支援(派遣・受入)(コンサルティング含む)

A-4:オンライン語学教育

Bグループ:サービス内容(予定)

B-1:バーチャル海外研修(派遣)・国内留学 ※現地研修側からのゲストスピーカー予定

B-2:オンライン授業運営サポート業務(コンサルティング含む)

B-3海外留学生動向調査 ※ソーシャルリスニングを利用した外国人学生の動向、大学の活用術

B-4:その他(著作権業務/大学業務効率化、研究推進支援他) 以上

お問い合わせ CONTACT

商品についてや弊社についてなど、こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。

お問い合わせ

お見積り、サービス内容のご説明:0120-940-490