Critical Reading and Writingの概要

講座について

Critical Reading and Writingは、国際的な場で質の高い発言ができるよう、英語力と論理的思考力の両方の向上を目標とする講座で、基礎と応用の2コースが設置されています。

Critical Reading and Writingの3つの特長

(1) 国際人になるための WASEDA メソッドの一つ
Tutorial English で英会話力を磨いた後、Critical Reading and Writing で物事を多角的に理解し、相手に自分の意見を説得力のある英語で伝える力を養成します。留学や英語を使用する国際的な仕事に就くことを考えている方にお勧めします。

(2) 論理的思考力の向上
論説文、短編小説を使用したレベルごとに異なるアプローチで、英語力のみならず、論理的思考力の向上もはかります。

(3) ハイブリッド授業
教室授業(15回)とオンデマンド授業(5回)を組み合わせたスケジュールで、スキル習得を効果的に行います。

英語レベルの目安

コース 英語レベル目安
TOEIC TOEFL iBT
基礎 600点~程度 64点~程度
応用 730点~程度 81点~程度

授業スタイル

1) 教室授業

週1回の教室授業はテキストを使用し、すべて英語で行われます。担当講師の指導のもと、リーディングや学生同士のディスカッションを通じて、英語力と論理的思考力の両方の向上を図ります。

2) オンデマンド授業

学期中5回のオンデマンド授業を視聴します。教室授業で効果的にスキルを実践し習得できるよう、自分のペースで視聴して自己学習を進めます。また、何度でも見直すことができるので、復習にも適しています。

科目登録

科目登録は決められた期間にWeb登録により行います。履修が決まった方は、wasedaメールアドレス宛に届く納入案内メールに従い、定められた期間中に必ず手続きをしてください。登録及び発表確認方法の詳細は、各所属学部発行の資料や「全学オープン科目履修ガイド」をご確認ください。また、日程や教室については、履修案内メールをご確認ください。

スケジュール

科目名をクリックすると、詳細スケジュールをご覧いただけます。

2限 CRW(応用)01 CRW(応用)02 CRW(応用)03    
3限 CRW(基礎)01 CRW(基礎)02 CRW(基礎)03 CRW(基礎)04 CRW(基礎)05

※CRW: Critical Reading and Writing

基礎コース

基本的な論理的思考力を身に付ける

論説文や短編小説を分析するために必要な、基本的な論理的思考力の習得を目指します。他の学生とディスカッションを行いながら、より多くの意見に触れ、自分自身の意見を他者に表現する能力を養成します。
授業数は合計20回で、Unit 1~5は、オンデマンド授業1回と教室授業2回の組み合わせ、Unit 6は、教室授業で総合的な評価および総復習を行い、習得したスキルを確実なものにします。
オンデマンド授業では、論説文と短編小説をクリティカルに分析するスキルを学習します。その後、教室授業で2週にかけてオンデマンド授業で学習したスキルの実践、強化、そして論説文と短編小説を活用した応用演習を行います。

基礎 授業計画

教室授業 オンデマンド授業
1 Course Introduction Unit 1 On-demand lecture
2 Unit 1 – 1
3 Unit 1 – 2 Unit 2 On-demand lecture
4 Unit 2 – 1
5 Unit 2 – 2 Unit 3 On-demand lecture
6 Unit 3 – 1
7 Unit 3 – 2
8 Review 1 Unit 4 On-demand lecture
9 Unit 4 – 1
10 Unit 4 – 2 Unit 5 On-demand lecture
11 Unit 5 – 1
12 Unit 5 – 2
13 Unit 6 – 1
14 Unit 6 – 2
15 Review 2

応用コース

論理的思考力を実践演習で伸ばす

論理的に読むスキルを学び、異なるジャンルの読み物の内容を的確に分析する力を伸ばすとともに、論理的に考えるスキルを学び、他者の意見を的確に分析した上で、自分自身の意見を口頭やレポートで効果的に説明する力を伸ばすことを目指します。
授業数は合計20回で、そのうち5回はオンデマンド授業を受講し、 論理的に読み書きをするために必要なスキルを学びます。残り15回は教室で毎週行われる授業に出席し、オンデマンド授業で学んだスキルの実践演習を行います。
論説文と短編小説をクリティカルに分析するスキルを総合的に学習し、最終的に自分の意見を体系づけ、論理的なレポートを書く能力を養成します。

応用 授業計画

教室授業 オンデマンド授業
1 Course Introduction On-demand lecture 1
2 Unit 1 – 1 On-demand lecture 2
3 Unit 1 – 2 On-demand lecture 3
4 Unit 1 – 3 On-demand lecture 4
5 Unit 1 – 4
6 Evaluate Articles
7 Unit 2 preparation On-demand lecture 5
8 Unit 2 – 1
9 Unit 2 – 2
10 Unit 2 – 3
11 Unit 2 – 4
12 Combined evaluation
13 Writing 1
14 Writing 2
15 Review

シラバス

シラバス検索の科目名欄に「Critical Reading and Writing(基礎)」もしくは「Critical Reading and Writing(応用)」と入力し、検索ボタンを押してください。