履修者の声

General Tutorial English

間違いを恐れずに英語を話す力がついた

坂本啓輔さん

先進理工学部 坂本啓輔さん (General Tutorial English 初級β、準中級α・β)

理系学生は英語が苦手な人も多いですが、研究発表で英語を使う場面はよくあると聞きます。このままではまずいと思い、チュートリアルイングリッシュを始めました。最初は緊張し、間違いを指摘されるのが不安でしたが、チューターが明るく優しい雰囲気だったので、話そう!という気持ちになれました。もし間違えても、チューターと学生の距離が近く、その場で気づいて教えてもらえます。また、ミスをしてもいいから、それよりも伝わるようなリアクションを大切にするよう指導してくれました。担当講義形式の授業と比べて、スピーキング重視のため、自分が沢山話せるのが面白いです。実用的な内容なので、趣味の海外旅行でも英語を使えるようになりました。先進理工学部では英語で論文発表することもあるので、ゆくゆくは上級クラスも取り、プレゼンの機会に活かせればと思います。

経験豊富なチューターだからレッスンが楽しい

平出大樹さん

国際教養学部 平出大樹さん (General Tutorial English 中級α・β、準上級α・β、上級α・β)

国際教養学部は英語で授業が行われるためリスニングの機会はありますが、少人数で英語のコミュニケーション能力を上げるにはGeneral Tutorial Englishがおすすめです。チューターは皆とても素敵で経験も豊富なので、英語はもちろん、雑談からもいろいろなことを学べます。テキストにはPreparationという予習の箇所があり、授業に向けて必要な準備がわかりやすく記載されています。語彙や例文も多くどのような場面で使えば良いか書かれているところも気に入っています。中級から始めて上級を履修している今では、アルバイト先のカフェを訪れる外国人の方に対して、以前よりうまく対応ができるようになりました。将来どのような仕事につくかまだわかりませんが、ビジネスでもプライベートでも身につけた英語で沢山コミュニケーションを取ることができればと思います。今後General Tutorial Englishを履修される方には、積極的に話してレッスンを楽しんでもらいたいです。

集中授業で効果を実感

尾山一成さん

経営管理研究科 尾山一成さん (General Tutorial English準中級)

社会人経験を経て、大学院へ進学しました。仕事において、海外の顧客から電話があった際に、内容の理解と返答がうまくできず、恥ずかしいと感じたことが、この授業を受講しようと考えたきっかけでした。授業が始まったばかりの頃は聞き取るのに必死で、言いたいことが日本語では浮かぶのに英語がなかなかできず、また、間違えるのがはずかしいという気持ちもありました。しかし、夏季集中科目は毎日レッスン・課題があり、学んだことを忘れないうちに実践・復習をすることができ、英語に対する抵抗感が徐々になくなっていきました。さらに、授業期間中に留学生の友人からメールが届いたときは、いつもよりスムーズに返すことができ「急に英語がうまくなったね」と言われ、受講の効果が出ていることを改めて実感しました。自身にとっては単位が非参入ということもあり最初は迷いましたが、他の英会話スクールよりも安く、大学内で安心して受けられるということもあり履修を決めました。英語の学習経験から少し時間が経過していても、自分のレベルに合わせて受講できるため、遠慮せず受講することをおすすめします。

※General Tutorial Englishの履修の声をさらに読みたい方は、こちらへ

Writing Tutorial English

将来の選択肢が広がったと実感しています

山口琉平さん

スポーツ科学部 山口琉平さん(Writing Tutorial English)

自分の意見を英語で書くので、必然的に分からない単語や表現をチューターに聞いたり調べたりするため、語彙が飛躍的に増えました。WTEは語彙とリスニングを同時に学べるところがよく、またWTEとGTEの両方を履修したことで、自分の英語力に深みが増した気がします。TOEFL受験ではWritingもあるので、今回のWTE履修が役に立つと思います。 英語を学ぶことで将来の選択肢が広がることを実感、今、留学やCSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)の資格を取得し国内外で活躍できるトレーナーになることも視野に入れています。
(WTE:Writing Tutorial English、GTE:General Tutorial English)

Critical Reading and Writing

英語という枠を超えて、思考力そのものが変わった

岡村祐香さん

文化構想学部 岡村祐香さん(Critical Reading and Writing 基礎)

論理的思考力を鍛えられることが、本科目の一番の魅力です。1クラス最大10名の少人数制なのでアウトプットの機会が多く、ディスカッションを通して考える力が身につきます。多様な角度から検討し、論理的・客観的に理解するための基盤を教わるため、英語という枠を超えて、自分の思考力そのものが変わりました。説得力のある話し方、順序立てた説明は、今後就職活動でも活かせるスキルだと思います。

英語をツールに物事を考える力がついた

福村康太朗さん

政治経済学部 福村康太朗さん(Critical Reading and Writing 応用)

週1回の教室授業に加え、予習として論説文や小説を深く読み込み、オンデマンド授業やライティング課題に取り組むなど、自己学習にもしっかり注力しました。その結果、読解力や記述力が向上してきたと実感しています。また、授業では必ず先生から「あなたはどう思う?」と聞かれるため、常に自分の意見を持つようになりました。英語をツールとして使いながら、物事を考える力を磨きたい方にはおすすめの科目です。

Listening, Reading & Writing through the Internet

時間のある時に受講できて助かりました

椎葉優希さん

教育学部 椎葉優希さん(Listening, Reading and Writing through the Internet 上級)

オンデマンドの英語科目を探していたところ、春学期に本科目を履修していた友人に勧められ、履修を決めました。通常の授業のように決まった曜日時限を確保する必要がなく、夜や授業の合間など時間のあるときに受講することができるのでとても助かりました。私は全ての授業を自宅で受講しました。Course N@vi上でライティング課題を提出する時は先生が細かく添削してくれ、修正箇所について理由も記載してくれたので良かったです。

Writing Scientific Papers

英語の科学論文の書き方や情報のまとめ方が学べる

渡邉真衣さん

国際教養学部 渡邉真衣さん(Writing Scientific Papers)

もともと科学論文に興味があり履修しました。この科目で学んだ英語の自然科学系論文の書き方や構造は、卒業論文の作成に役に立ちました。特に要旨の書き方や情報のまとめ方などを学べたことは有益でした。 オンデマンド科目の良い点は、何度でも見返すことができること、そしていつでも視聴可能なことです。少し時間が空いた時に大学図書館のパソコンで履修できたことも良かったです。この科目は理系の学生だけでなく、英語で新しいことを学びたい学生にもおすすめです。

過去の履修者の声(General Tutorial English)

コスパに優れたレッスンで留学前にスキルアップ

陳天さん

政治経済学部 陳天さん (General Tutorial English 準上級、上級α、上級プラスβ)

これまでTOEFLを勉強する中で、自分はスピーキング力に課題があると感じていました。スイスへの交換留学が決まったため、留学前の準備として1年生の時に履修していたGeneral Tutorial Englishを再度履修することに決めました。レッスンでは実際の会話で活用できるフレーズが多く登場し、クラスメートと共に楽しく学ぶことができるのが魅力です。アウトプットの機会が多いので、スピーキングのスキルアップに大きく役立っています。また、ネイティブのチューターと少人数で話すことができるGeneral Tutorial Englishは中国の英会話スクールより安価で履修することができ、コストパフォーマンスに優れていると思います。将来、海外を舞台にする進路を考えているため、レッスンで培った英語力を自分のキャリアに役立てたいです。

就活にも役立つ英語力が身につく

白土和希さん

基幹理工学部 白土和希さん (General Tutorial English 中級α・β、準上級α)

ほかの授業と違いGeneral Tutorial Englishのレッスン中は100%英語のため、日本にいながら海外と同じ環境で学べるのがすごいところです。チューターは毎回レッスンに向けて準備をしっかりしてくれていますし、会話の中で文法のミスがあるときちんと指摘してくれます。テキストのトピックも様々で、多くの表現を学べます。以前はいつも同じ表現を使いがちでしたが、レパートリーが増えたことで、外国人の友達ともより深い会話ができるようになってきました。また、自身の学部に設置されている英語の授業にも活かすことができて大変助かりました。この経験から、英語を意欲的に話せるという強みを持って就職活動に臨むことができます。General Tutorial Englishはコストパフォーマンスが良いですし、テストの点数だけでなくスピーキング力を必要とする学生は絶対にとったほうが良い科目です。

会話がメインのレッスンだから伝える練習ができる

山田みなみさん

文化構想学部 山田みなみさん(General Tutorial English 準中級α、中級β、準上級α・β)

普段はほとんど英語を話す機会がありませんが、ボランティアサークルに所属しており、インドを訪問したことがあります。そこで活動するにあたって、言葉の壁が厚いなと感じることが何度もありました。そんな中で、サークルの先輩に勧められてGeneral Tutorial Englishを履修しました。レッスンは座学の授業と違って会話がメインのため、自分で何を言うか考えて言いたいことを伝える練習ができます。また、チューターがフレンドリーで、臆することなく英語を話せる雰囲気を作ってくれるのがとても良いです。General Tutorial Englishを履修したことで、以前よりも海外で現地の人と直接コミュニケーションをとることができるようになりました。文法を気にしすぎることなく、英語をコミュニケーションの道具として活用するいい練習になるので、ぜひ多くの学生に履修してほしいです。

レッスンで培った英語力で国際的に活躍したい

荒井大和さん

商学部 荒井大和さん(General Tutorial English 準上級、上級α・β)

本格的に英語の勉強がしたいと思ったことと、以前履修したときの印象がとても良く、継続して履修しました。また、一般の英会話スクール等と比較して、単位への参入が可能な点や早稲田大学内で受講できる点、手厚い予習復習制度が受講の決め手にもなりました。レベル別の少人数制となっているので、似通ったレベルの学生と気兼ねなく学ぶことができました。Tutorial Englishの授業で培った英語力が国際的に活躍したいと思っている自分の将来に活きることを期待しています。

英語を学びたいと思う気持ちがより強くなる

柴田眞帆子さん

先進理工学部 柴田眞帆子さん(General Tutorial English 準中級α・中級β)

チューターの方が明るく優しく教えてくれるので、ミスを恐れずに英語を話すことができました。GTEを受けて発音、リスニング力が以前よりついた気がします。また一緒に受講している人の頑張っている姿を見て、私もモチベーションがあがりました。英語を学びたいと思う気持ちもより強くなり、知らない語句を積極的に使うようになったので語彙力も増えました。将来、海外出張などが決まった際にも、ここで身につけた英会話力を役に立てたいです。

発言の機会が多く英語を話す時間を確保できる

野上莉菜子さん

文学部 野上莉菜子さん(General Tutorial English 初級、準中級、中級α・β)

少人数制のレッスンなので、発言の機会が多く英語を話す時間を確保できます。英語レベルが同じ人たちとグループになるので、レッスンは恥ずかしがらず楽しみながら参加できます。様々な学部や学年の人たちと知り合うことができるのも魅力の一つです。毎レッスン後の復習課題が少し大変ですが、覚えた単語や使いこなせなかった文法を意識して練習できます。この科目を履修して、間違いを恐れずに英語を話す力、意見する力が身についたと思います。

文法にとらわれすぎずに英語を話せるようになった

寺島行春さん

政治経済学部 寺島行春さん(General Tutorial English 準上級)

大学に入学してすぐの春学期にGeneral Tutorial Englishを履修しました。それまで受験勉強や他の授業で英語を聞いたり読んだりすることはあっても、実際に話す習慣がなかったため、レッスン内でディスカッションやペアワークなどを通じて英語を話す機会ができたのが良かったです。レッスンを受ける前までは、完璧な文法で話さなくてはというプレッシャーがありましたが、レッスンを受けていく中で文法ばかりにとらわれずにコミュニケーションを取ることができるようになりました。Tutorial Englishは、WeTECのスコアをもとに細かくレベル分けされていて、より自分に合ったレベルで履修できるのも魅力の一つだと思います。今後また機会があれば、更に上のレベルを履修してステップアップしていければと思っています。

Tutorial Englishをもっと多くの学生に活用してほしい

西澤菜穂子さん

先進理工学部 西澤菜穂子さん(General Tutorial English 中級、準上級、上級)

子供の頃から「英語が話せるようになりたい」という夢があり、1年生の時からGeneral Tutorial Englishを3年連続履修しました。Tutorial Englishは、同レベルの学生と一緒に授業を受けるので、恥ずかしがらずに会話の練習ができます。また、チューターは皆明るく楽しい雰囲気でレッスンを進めてくれるだけでなく、間違った表現をその場で直してくれるので、正しい言い回しをすぐに覚えることもできます。テキストはシチュエーションごとに表現を学ぶ構成になっていて、実際に外国人の友人と会話する際に、以前よりも格段に言葉が出てくるようになりました。「英語を話せるようになる」というと、海外に行くことを考える学生も多いと思いますが、大学内にも英語を学ぶための環境は十分整っています。Tutorial Englishという少人数で英会話を学ぶ機会をもっと多くの学生に活用してほしいです。