Writing Tutorial English

特長

“ライティングの基礎を固めて英語力を加速度的に向上させる”
基礎的なライティング力の向上を目的としています。1グループ4名を上限とした少人数制のレッスンです。クラスメイトの紹介文、日記、ポストカード等の日常的なものから、苦情の手紙、新聞記事、投書のメール等のフォーマルな形式まで、様々なライティング課題をレッスン時間内に作成します。作成した課題は、毎回チューターにより添削されます。また、ライティング課題を完成するために必要な文法項目や表現を、ペアやグループによるアクティビティを通して学習します。夏季集中の授業期間に、1回180分(2時限連続)のレッスンを合計10日間行います。

本科目については『Writing Tutorial English履修ガイド』も併せて参照してください。

レベル

WeTEC TOEIC TOEFL iBT
354 以上 280 以上 29 以上

授業の到達目標

様々なライティング課題を通して、テーマに応じた英文構成、文法、表現力を習得します。レッスンは全て英語で行われるため、ペアワークやグループワークを通じて、英語コミュニケーションスキル全般を向上することができます。

学習の流れ

1日180分(1回2時限連続)で1ユニット分の内容を学習します。それぞれのユニットにおいて、履修者はライティング課題Working Draft(初稿)を授業時間内で完成させ、チューターに提出します。チューターはWorking Draftを添削し、翌レッスンの最初に返却します。履修者は、20-30分で添削内容を確認し、チューターのアドバイスを受けながらFinal Draft(最終稿)を授業時間内で作成します。このパターンを毎日繰り返し行います。

教材

『Write to Communicate(basic course book)(Second Edition)』

Waseda University Academic Solutions 刊 2,000円+税
早稲田大学生協ブックセンターで取り扱っています。

実験実習料

履修される方は、実験実習料43,000円(税込)が必要になります。
※実験実習料は決められた期間内に納入してください。納入方法はWasedaメールアドレス宛に連絡されます。
※必修科目として履修する場合は、所属学部の事務所で確認してください。