Writing Scientific Papers

特長

“サイエンティストのためのライティング授業”
この科目は、Course N@viを利用し、段落(Paragraphs)の構成方法などのライティングの基礎から、自然科学系論文の構成、読み方を学び、最終的に研究論文の要旨(Abstracts)、及び表・グラフなどのデータや参考文献(References)を含むExtended Abstractsを書くことを目標としたオンデマンドの科目です。Writing Scientific Papers 1 とWriting Scientific Papers 2は単独で履修することはできません。セット履修のみ可能です。

「Course N@vi」を利用したフルオンデマンド科目
この科目は、特に教室に集まること無く全講義およびアクティビティ、課題提出まですべてCourse N@viを利用します。ビデオ講義はすべて英語で行いますが、何度も繰り返して視聴できますので、安心して履修するだけでなく、「英語で授業を受ける」ことへのヒアリングやノートテイキングにおける不安も解消できます。

レベル

この科目は英語の自然科学系論文の書き方を学びます。履修英語レベルの目安は以下のとおりです。

TOEIC TOEFL iBT WeTEC
500点~程度 52点~程度 550点~程度

授業の到達目標

本科目では、自然科学系論文の作成に必要な以下のスキルを学習し、最終的に研究論文の要旨(Extended Abstracts)を書けるようになることを目標としています。

Writing Scientific Papers 1では以下のスキルを学習します。

  • 自然科学系論文構成の理解
  • アカデミックライティングの基礎となる段落の構成方法及び書き方
  • 言い換え(Paraphrasing)及び要約(Summarizing)の方法
  • 参考文献(References)の引用方法及び文献リストの作り方

Writing Scientific Papers 2では以下のスキルを学習します。

  • 表やグラフの適切な使い方
  • 研究論文の要旨(Abstracts及びExtended Abstracts)の書き方及び推敲方法
  • 研究論文の要旨(Abstracts及びExtended Abstracts)の推敲方法

定員

15人

最少開講人数

5人

授業の流れ

履修者は1週間単位のシラバスに従い、ビデオ講義を視聴し、講義に関連したテキストのリーディングやアクティビティ(課題等)をCourse N@vi上で行います。主なライティング課題は、初稿(First draft)と最終稿(Final draft)に分かれ、チューターの添削指導を受け返却された初稿(First draft) をもとに最終稿(Final draft) を仕上げます。その他の課題としては、BBSでのディスカッション投稿、レッスンの理解度を確認する小テスト等があります。また、この科目には開講期間中及び履修後に活用できる教材として、要旨(Abstracts及びExtended Abstracts)を書く上で参考となる語句や表現の例文集(Glossary)が付属しています。課題には締切日がありますが、Course N@vi上のビデオ講義やアクティビティ・エクササイズ等の教材(全て英語)は、開講期間中であれば履修者の都合に合わせ何度でも視聴することが可能です。

教材

この科目のために作られたオリジナルの Textbook を使用します。 Textbook は、 MyWasedaよりCourse N@viへログイン後、 PDF ファイルをダウンロードすることにより入手できます。

実験実習料

¥19,250 (税込)

実験実習料は、科目登録結果発表後、Waseda メールアドレス宛てに納入案内メールが届きます。納入方法を選択後、指定された期間内に納入してください。