HOME 〉プログラム概要

プログラム概要

早稲田大学商学学術院WBS研究センターの授業として運営されており、受講者は、プログラムの趣旨にご賛同いた企業様から派遣をうけたミドルリーダーで主に構成されています。
プログラムディレクターである内田和成教授、および各界第一線から招かれるゲスト講師とともに、討論と分析、発表を繰り返す1年間の刺激的なプログラムです。

Concept  時代を揺さぶるリーダーを創る

これまでの日本社会を支えていた常識が崩壊した今、旧態依然とした組織の論理に縛られることなく、新しい価値観を自ら創造して未来を拓くことのできる人材が求められています。本プログラムではそのために、妥協のない議論を通じて自活力を磨くための場が不可欠であると考えました。リーダーにとって必要な幅広い視野と現代を読み解く分析力、それらをもとに判断を下す意思決定力と精神力を養うことが目的です。

Method 激論とBCG式クリティカルシンキングによる実践演習

企業からリーダー候補生を募り、実業界・政界から招いたゲスト講師とともに討論を中心としたインタラクティブな演習を行います。プログラムには、リーダー育成に必要な「マインド(心構え)」「ナレッジ(スキル)」「体感」の各要素を輻輳的に取り入れています。ゲスト講師の講義、内田教授との対談、質疑応答や討論、グループワークを通じて、感性を刺激し、判断を培い、将来に対する展望構築力、展開力を高めていきます。

Merit 人的交流と心身の健康を培う

働きながら参加する受講生に配慮し、授業は隔週ベースで月2回・3時間で集中的に行われます。その密度の濃い空間で白熱する議論を体験することにより、受講生たちは互いの考えや経験を共有し、昇華させて、独自のビジョンを拓きます。それはまた、各リーディングカンパニーからの選抜社員である受講生同士が、業種の壁を越えて永続的な人的ネットワークを築くことでもあります。さらに、本プログラムでは海外フィールドワークなども取り入れ、豊かな経験と広い視野を持ち、心身ともに健康な真のリーダーの育成に努めています。