会社概要

商号 株式会社早稲田大学アカデミックソリューション
Waseda University Academic Solutions Corporation
設立 2004年8月2日(平成16年8月2日)
代表者 代表取締役社長 高木 範夫
本社所在地 新宿区西早稲田1-9-12 大隈スクエアビル2階
従業員数 306人(2017年1月1日現在)
資本金 50百万円
株主 早稲田大学グループホールディングス株式会社
売上高 4,289百万円(2016年1月~12月)
組織図
役員構成 代表取締役社長 高木 範夫(早稲田大学総務部付)
専務取締役 中尾 幸久
常務取締役 山下 浩一
取締役 落合 澄(早稲田大学総務部付)
取締役 井川 裕之
取締役 伊東 美晴
取締役 島田 陽一(早稲田大学常任理事・副総長)
取締役 花尾 能成(早稲田大学理事)
取締役 横山 勝常(早稲田大学教務部事務部長)
取締役 中元 誠(研究推進部事務部長)
取締役 足立 心一(早稲田大学情報企画部事務部長)
監査役 佐尾山 晴久(早稲田大学財務部財務課長)
業務内容 システム開発・運用支援、国際交流支援、教材・カリキュラム開発、研究支援等、教育・研究の両面から大学運営に必要なソリューションを提供し、さらにそこで得た知見と成果を社会に還元していきます。

企業理念

使命

私たちは、学びを必要とする世界中の人々が、互いに学びあうことによって、生涯にわたり、心豊かに成長し続けることを支援します。
このために、学びを求める人々と学びを支援する人々が場所や時間の制約を超えて出会い学びあう、多様な機会やコミュニティを提供したいと考えます。こうした学びを通して、一人ひとりが自らを成長させ、人生を充実させることができる社会の実現を目指します。
さらに、学問の価値を尊重し、その成果を活用しその進歩を促進するコミュニケーションを創り支えていきたいと考えています。

ビジョン

「知や先進技術の活用・統合により、グローバルに学びあう場を創出していきます。」

当社の大きな強みは、早稲田大学の「情報化」「国際化」「社会連携」支援を通じて蓄積してきた多くの知見、先進技術を活用・統合するノウハウ、そしてさまざまな国籍の従業員に代表される多様で柔軟な企業体質です。
こうした強みは、ワンストップサービスによる先進的な学生・教員支援サービス、少人数制英語コミュニケーション授業運営、eラーニングによる授業の企画運営、オープンカレッジ企画運営、諸外国ビジネスパーソンの日本での研修プログラム運営等々の支援を通じて蓄積してまいりました。
当社はこれからも、大学、社会、企業、地域に存在するさまざまな知恵や知識と先進技術とを、的確かつしなやかに結びつける「知のインテグレータ」として国際社会に貢献します。また「学びあう」ことの楽しさや喜びを社会の重要な資産と位置づけ、あらゆる立場、年齢、国籍の人々と分かちあい、育てていきたいと考えています。

行動指針

  1. 個の力を高め、多様性を活かしてチーム力に発展させ、学びあう場の創出にチャレンジし続けます。
  2. お客様の視点に立ってサービスの本質を追求し、学びあう場を真摯に提供します。
  3. お客様が学びから得た喜びを自らの幸せと受けとめ、日々行動します。